「 生体 」一覧

AquaTurtliumで飼育している、または飼育していた生体に関連する記事のまとめです。亀や日本産淡水魚に始まり、熱帯魚・エビやタニシなど幅広い生体に関する日々の観察記録や健康状態のチェック、上手く撮れた写真などをまとめています。

このカテゴリーには、以下の子カテゴリーページが存在します。

ウンキュウ-イシガメ・クサガメと交雑種の特徴・見分け方

ウンキュウ-イシガメ・クサガメと交雑種の特徴・見分け方

ニホンイシガメ 約13分

うちの亀がウンキュウかどうかの鑑定依頼に対して寄せられたアドバイスを元に、ニホンイシガメ・クサガメの特徴を比較し、イシガメ・クサガメ・ウンキュウの見分け方を紹介します。多くの参考になる意見を頂きありがとうございました。

ミクロラスボラ・ハナビの冬-水温はどのくらいが良い?

ミクロラスボラ・ハナビの冬-水温はどのくらいが良い?

ミクロラスボラ・ハナビ , 約4分

ミクロラスボラ・ハナビの冬場の水温について、原産地であるミャンマーのインレー湖の環境等を紹介しながら考えます。また、ミクロラスボラ・ハナビの低水温耐性についても、ネット上の情報をまとめています。割と低温に強そうな魚です。

【鑑定希望】ウチのニホンイシガメはウンキュウでしょうか?

【鑑定希望】ウチのニホンイシガメはウンキュウでしょうか?

ニホンイシガメ 約6分

私のニホンイシガメがクサガメとの交雑種である「ウンキュウ」ではないかとの疑惑が持ち上がっています。できれば純粋なニホンイシガメでいて欲しいのですが、不安なので詳しい方は鑑定して頂けませんか?多くのご意見お待ちしています。

本格的な冬に向けて…ニホンイシガメを久しぶりに観察

本格的な冬に向けて…ニホンイシガメを久しぶりに観察

ニホンイシガメ 約3分

冬を間近に控えたウチのニホンイシガメたちを観察してみます。食欲が少し落ちてきていたり、体調が優れず隔離水槽に隔離していたりと、少し気になる点もありますが、概ね元気です。久しぶりにニホンイシガメの写真を撮ってみました。

死体か!?と思わず焦るミナミヌマエビのきれいな抜け殻

死体か!?と思わず焦るミナミヌマエビのきれいな抜け殻

ミナミヌマエビ 約3分

アクアリウム水槽のコケ取り生体としてミナミヌマエビやヤマトヌマエビを飼育することがあります。エビの脱皮は水質悪化だけが原因ではなく正常な成長の場合も多いです。脱皮殻は貴重なカルシウム源なので水槽から取り除く必要はありません。

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

ミクロラスボラ・ハナビ , 約3分

私が起こしてしまったアクアリウム史上最悪の失敗を戒めも込めて紹介します。夏場にミクロラスボラ・ハナビの高水温耐性を過信し適切に水槽を冷却しなかった結果、3匹のハナビを死なせてしまいました。経緯と今後の対処方針をまとめます。

カメ水槽に餌用メダカ&ヤマトヌマエビ導入!混泳は成立するか?

カメ水槽に餌用メダカ&ヤマトヌマエビ導入!混泳は成立するか?

ニホンイシガメ , 約4分

亀を飼育していると一度は魚やエビと混泳させてみたいと思いますよね。しかし食べられるリスクも高くあまり試す人はいません。生餌も兼ねて実験的にニホンイシガメ水槽にメダカとヤマトヌマエビを導入してみた混泳実験の結果を報告します。

20cmキューブ水槽にミクロラスボラ sp. “HANABI”を導入

20cmキューブ水槽にミクロラスボラ sp. “HANABI”を導入

ミクロラスボラ・ハナビ 約3分

小型美魚・ミクロラスボラ・ハナビ(ミクロラスボラ sp. "HANABI")を購入し20cmキューブ水槽に導入しました。青いボディに星のような金のドットが輝く様は、英名の「ギャラクシー(銀河)」を彷彿とさせる美しさです。

取り戻せキレイな甲羅!なかなか進まない甲羅の脱皮の補助

取り戻せキレイな甲羅!なかなか進まない甲羅の脱皮の補助

ニホンイシガメ , 約1分

最近かなり暑くなってきましたね カメにとっては一番元気が出る季節の到来です せっかくの暑さと,豊富な紫外線を見過ごす手はないので最近は時々ベランダで日光浴をさせています そこで気になったのが背甲にこびりついたコ...