冬対策!アクアリスト&亀飼育者の私が購入したもの7選

段ボール箱が4つも届いた…

ついこの間まで夏だと思っていましたが、もう10月も終わりに近づいていますね。先日はファンからヒーターへ切り換えたという記事も書きましたが、そろそろ本格的に冬用の飼育設備に切り替える時期ですね。むしろもう冬用の飼育設備に切り換え済みでしょうか?

スポンサーリンク

今回は私が冬に向けて購入した7つのアイテムを紹介します。中には冬対策として購入したわけではない商品もありますが、ついでなので一緒に紹介させて下さい。まだ冬用の飼育設備に切り替えていない人や、もう冬用の飼育設備に切り換えたけどなにか抜けがないか心配な人は、この記事を読めば必要な物が思い浮かぶかも!?

注文した商品が届いた!

アクアリウムや亀関連の商品は実店舗では品揃えが悪かったり値段が高かったりとあまりいいことがないので、購入するときは私はもっぱらネット通販です。その中でもAmazonとか楽天とか色いろあると思いますが、専門的な商品はAmazonではあまり手に入らず、それぞれの分野の専門店が独自に運営しているネットショップでの通販になることが多いです。チャームの本店とかがその例ですね。

そういったショップ直営のネット通販は結構な確率で楽天にも出店しているので、私は楽天経由で購入することが多いです。楽天だと楽天ポイントが使えるので、色々とポイントが溜まりやすい私には好都合だからです。今回も楽天経由で購入しました。ただし楽天のようなショッピングコミュニティサイトを経由すると割高になる場合も多いので、自分の手持ちのポイントも確認した上でお得な買い方を考えて下さいね。

段ボール箱が4つも届いた…

今回注文した商品が届いた直後の写真です。全部で4つの段ボールに分かれて届きました。配達に来たヤマト運輸のおじさんには「4つも届いてますよー!」と言われちゃってちょっと恥ずかしかったり…(笑)。

今回利用したのはアクアペットサービスケンコーコムの2つのショップです。アクアペットサービスは税込み5000円以上、ケンコーコムは税抜き1900円以上から送料が無料になり、送料なども考慮した上で一番安くなるようにこの2つのショップを選びました。

熱帯魚・爬虫類・両生類のおすすめネット通販ショップ16選!
数多くの熱帯魚・両生類・爬虫類関連のネット通販ショップの内、厳選した16のショップを紹介しています。ショップ毎に熱帯魚、水草、爬虫類用品、アクアリウム用品など得意分野があるので、用途に応じた使い分けができるとお得です。

アクアリウム用品や爬虫類・両生類関係の飼育用品などを購入する際のおすすめネット通販ショップについては、こちらの記事で紹介しているので、よければ参考にしてみて下さい。以下、今回利用したそれぞれのショップについて、購入した商品を紹介していきます。

アクアペットサービス

アクアペットサービスで購入した商品

アクアペットサービスで購入したのは上の4つの商品です。いつもならチャームで購入することが多いのですが、最近のcharmは価格設定も送料無料になる金額もかなり高めになってしまったのでアクアペットサービスに切り換えました。まあもうcharmは使わないというわけではなく、無条件でcharmで買うのはやめたという程度です。charmが安ければcharmで買います。

以下でそれぞれの商品の簡単な説明をしていきます。

ビバリウムグローパワーUVB 32W(ポゴナ・クラブ)

まずは爬虫類用の紫外線灯として信頼と実績がある、ポゴナ・クラブのビバリウムグローパワーUVBです。この紫外線ランプは1年前にも購入していて現在までずっと使っていました。

カメの健康は紫外線から!新しい紫外線ライトを購入!
亀の飼育では紫外線の照射が重要な役割を果たします。屋内飼育では紫外線ライトを使用しますが、今回その紫外線ライトとしてポゴナクラブのビバリウムグロー パワーUVBを購入しました。その他に購入したアクアリウム用品の紹介も行います。

使用した感じでは良さそうな紫外線灯だったのでリピート購入です。紫外線蛍光灯は1年程度で効果が薄れてくると言われているので、定期的に交換しなければいけません。

90cm水槽用の直管形の紫外線蛍光灯(32W)は、現状これ一つしか選択肢がありませんが、他製品に劣らない良い製品だと個人的には思っています。もし私が他のサイズの水槽で亀を育てることになってもパワーUVBを使うと思います。

スパイラルUVB デザート 26W(ビバリア)

次も同じく紫外線灯のスパイラルUVB デザート 26Wです。現在隔離飼育中のイシガメ・マル君の飼育ケージ用に購入しました。夏場は日光浴で紫外線を補うことができますが、冬は気温も下がって軽い気持ちで日光浴をさせられないため、紫外線灯の重要度が更に増します。

このスパイラルUVB デザート 26Wは、2012年10月31日付けで倒産したトリオコーポレーション(ビバリアブランドの運営会社)が販売していたスパイラルUVB デザートサンを、ビバリア レップカルジャパンという会社が再販売しているものと思われます。トリオコーポレーションの倒産は爬虫類愛好家にはかなり衝撃的なニュースでしたが、その後一部の売れ筋商品はビバリア レップカルジャパンから再販売されているので、おそらくコレもその一環と思われます(確認などはとっていません)。

デザートサンは1.023worldさんによる紫外線蛍光灯の測定データではUVBの量がかなり多いという結果が出ていました。スパイラル蛍光灯タイプの紫外線灯のUVB照射量はデータが少なくどの製品が良いか分かりにくいので、上のデータに従って今回購入してみることにしました。

UVB照射量の割には値段も安めで嬉しい商品です。

バブルメイト S103-I(スドー)

コレは冬に向けてというわけではなく、エアーポンプはあるけどエアストーンはないというイマイチ使いづらい状況を打破すべく購入しました。エアーポンプは基本的には今まで底面フィルター用に使っていたんですが、アレば何かと役に立ちます。でもそんな時にエアストーンがないと不便なんですよね。

なにか使う予定があるわけではないのですが、いざという時用の備えとして買ってみました。安いですしね!

テトラ 26℃安全ヒーター100W(テトラ)

こちらもマル君の飼育ケージ用です。以前隔離中の水槽にもヒーターを設置したと報告しましたが、その時設置したヒーターが何年前のものかわからないくらい古いものだったんです。

水槽のファン(クーラー)とヒーターを切り替えるタイミング
季節の変わり目に生体の調子を落とさないため、ヒーターやクーラー(ファン)等の冷却・加温設備を切り替えるタイミングを紹介します。実際の設備交換の様子を紹介しながら、オススメのファンやヒーター・サーモスタットも紹介します。

あんまり古いヒーターを使うのは不安要素が大きいので、大事になる前に新しいものに変えておくことにしました。各利用の小さい水槽なのでサーモが独立していないオートヒーターで十分かなと思い、価格とメーカーの信頼性からこれに決めました。水位も低いのでセンサーがすぐに水中から飛び出してしまいそうですしね。

水量的には100Wでも若干オーバースペック気味ですが、今後の使い回しも考えるとこれくらいはないと使いにくいかなーと思い100Wにしてみました。ちなみに今回購入したのはテトラの「26℃安全ヒーター」ですが、このヒーターはその後リニューアルして「26℃セットヒーター」という名前で販売されています。

このリニューアルにより、2016年から適用される熱帯魚用ヒーターに関する安全規格「統一基準規格(SH規格)」を満たすようになりました。これからヒーターを買おうと思っている人は、まずはこのSH規格を満たすかどうかを確認するようにした方が良いですよ。

熱帯魚水槽ヒーターの火事対策義務化!安全なヒーターはどれ?
熱帯魚飼育で利用するアクアリウム水槽用のヒーターに、2016年夏にも発火防止加工が義務づけられる見込みとなりました。それに先駆け、新しい規制基準に対応する「統一基準規格(SH規格)」とSH規格準拠のヒーターを紹介します。

SH企画の詳細についてはこちらで説明しているので、興味のある人は確認してくださいね。

Ads by LiveBurst

ケンコーコム

ケンコーコムで購入した商品

次はケンコーコムで購入した商品たちです。こちらでは、以前も紹介したおさまらない藍藻を駆除するためのオキシドールを購入するのがメインの目的でした。なんといっても送料無料になるまでの金額が安いのがいいですね。

こちらも購入した商品一つ一つを紹介していきます。

オキシドール 500ml(昭和製薬)

まずはオキシドール。根強く藍藻がはびこるときによく効くと言われているアンチグリーンと同じ成分であると思われます。化学式で書くとH2O2、過酸化水素水ですね。

現在使用中ですので、もう少し時間がたったら効果の程をまとめて記事にします。

ブラックホール 大型水槽用(キョーリン)

こちらはビバリウムグローと同じくリピート購入です。水中の不純物などを吸着・除去してくれます。私は流木の多いレイアウトで、流木のアクによる黄ばみを取るのによく使っています。

ホントに超高性能!活性炭「ブラックホール」の効果と使い方
アクアリウム用の超高性能活性炭「ブラックホール」を解説します。活性炭は流木のアク等の水の黄ばみや、重金属など生体に有害となる物質を吸着します。ブラックホールが吸着・無害化出来る物質や交換時期の目安、使い方等をまとめます。

上の記事で詳細に性能や使用感をレビューしているので気になる方はどうぞ。

ハリボックス ベア

そして最後はドイツ生まれの人気グミHARIBO(ハリボー)です。アクアリウムも亀も全然関係ないですが、私グミって好きなんですよねー。ガムはあんまり好きじゃないけどグミは大好き!

ケンコーコムで送料無料にちょっと届かなかったのでこいつを買っちゃいました(笑)。HARIBOは高いので普段はめったに買わないんですが、せっかくなので200gのでっかいやつを購入! ハードな食感がクセになるんです。HARIBOからはタイヤ味とかいう訳の分からない味のグミも出ていますが、このハリボックスはフルーツ系の美味しい味です。

もしもタイヤ味にチャレンジしてみたいという奇特な方がいれば下からどうぞ。私は食べたことないですが普通にマズイらしいです…。

ちなみに欧米では割とポピュラーな味らしいです…。うーん、世界は広いですね。

まとめ

今回は気温の下がる冬に向けて購入した商品を紹介しました。総額1万円を超えてしまったので結構な出費ですが、亀や魚のためには仕方ないですね。それぞれの商品の使用感などは今後機会があればレビューしていく予定です。あともしハリボーのタイヤ味グミ・シュネッケンを食べたことがある人は、感想を教えて下さい!(笑)

コメント

  1. N2 より:

    そろそろ冬仕様に変更ですね。
    私はそろそろセラミックヒーターをONにしてバスキングスポットを保温しますが、K-kiさんは陸地の保温はどうしてますか?

    奇遇ですね。私もグミが好きでハリボーが一番好きですw
    高いけどベアとコーラは見つけたら買わずにはいられません!

    • K-ki K-ki より:

      >N2さん
      私は今年も白熱電球での保温でいく予定です。
      温度はしっかり維持できることが分かりましたし、水草(モスですが)もあるのでできるだけ水槽を明るくしたいので。
      ちょうどこの前新品の電球を買ったところです。

      ハリボーおいしいですよね!
      私も今回ベアとコーラでかなり悩みました!笑

  2. だいすけ より:

    はじめまして、大人のオスのミドリガメを今年から飼育し始めたものです。
    今年が初めての冬で、なにかと心配です。水中ヒーターはあるのですが、陸場のヒーターはまだ揃えておりません。。やはり陸場も温める必要がありますよね?
    ちなみに住まいは大阪市内です。

    • K-ki K-ki より:

      だいすけさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      陸場ももちろん温める必要があります。ミドリガメであれば、普通は夜は水中で寝ると思うので、陸上は常時保温ではなく、バスキングライトなどを使用して昼間のみの保温でも大丈夫だと思います。

      http://aquaturtlium.com/reptiles-lighting-and-heating/
      こちらのページも参考にしてください。

Yes No