自作でコストダウン!スポンジ濾材と濾材ネットの自作方法

洗車スポンジ 濾材

AquaTurtliumでは、これまでに60cm水槽を改造したオーバーフロー濾過槽を作る方法外掛けフィルターの改造法水槽・濾過槽のフタ冷却ファンの作り方など様々なアクアリウム用品の自作方法を紹介してきました。自作はコストを抑えられるというのも魅力ですが、単純に作るのが楽しいという面もありますよね。

スポンサーリンク

今回はこれまでに作った水槽用フィルター(濾過器)に入れて使用する、「濾材」を作る方法を紹介します。せっかく濾過装置を自作してコストダウンしたのに、市販の高価な濾材を買って費用の総額が高くついてしまってはもったいないですよね。今回紹介する方法で濾材を自作すれば、濾過フィルターの自作以上にコストダウンできることは間違いなしです!

ろ材とは何か?

まずはじめにろ材とは何かを簡単に説明しておきます。ろ材とは、基本的には生物濾過に用いる多孔性の材料のことを指します。小さな穴がたくさんあいている材料をろ材として使用し、その穴に濾過バクテリアを住まわせることによって生物濾過と呼ばれる手法による濾過を行うわけです。

水槽用ろ過フィルターのろ材おすすめ一覧!バクテリアを定着させよう
ろ過フィルターを使用する上で欠かせないろ材について解説します。セラミックろ材、スポンジろ材、バイオボール、活性炭、ウールマットなど、物理ろ過・生物ろ過・吸着ろ過のそれぞれに適した濾材やメンテナンス方法を紹介しています。

ろ材に利用される素材、ろ材の形状、種類、選び方、メンテナンス方法などの詳細は、こちらのページで別途紹介しています。ろ材が何か良く分からないという方は、まずはこちらのページから読んでみると分かりやすいと思います。

濾過の原理と利用法
アクアリウムや水棲亀の飼育のために欠かせない、濾過の理論に関連する記事のまとめです。濾過を上手く活用すれば飼育は楽になり生体の状態も良くなります。濾過の基本となる原理から濾過フィルターの選び方まで、ろ過に関するあらゆる知識をまとめています。

またろ材に限らず、アクアリウムや水棲生物の飼育で重要な役割を担う濾過に関連する記事をこちらのページにまとめています。当ブログの中でも閲覧数の多い人気のページが多数あるので、ろ過についてイマイチわからない部分がある方はこちらも参考にして下さい。

濾材の条件

さて今回のテーマは濾材を作るということですが、そもそもどんなものなら濾材にする事ができるのでしょうか。あなたは市販の濾材を見て共通点を見つけることができますか?

ざっくりと言ってしまうと、ろ材にするものは濾過バクテリアが棲み付くことができれば何でも良いという事になります。あとは水中で腐ったり劣化したりしないというのも、使用する際のメンテナンス性などを考慮すると重要なポイントになるでしょう。

濾過バクテリアが棲み付く事ができるというポイントをもう少し詳しく説明すると、体積の割に表面積が大きいという事が重要になります。バクテリアは物体の表面に棲み付くので、多孔質素材のように穴がたくさんあいているものは、表面積が大きくなって有利と言えます。

また、表面がつるつるのものよりもザラザラしたものの方がバクテリアが生息する足場になって効率が良いという人もいますが、バクテリアの大きさを考慮すると、ほとんどのものはバクテリアにとってザラザラであると言えるので、そこまで重要なポイントではないと思います。

Ads by LiveBurst

スポンジ濾材の自作

以上を考慮して、まずはスポンジろ材を自作する方法を紹介します。紹介するといってもものすごく簡単なので、一度読めば簡単に作れてしまうハズです!

ちなみにここで紹介している洗車スポンジを利用した濾材の自作は、ネット上の色々なところで試されていますが、初出は以下のウェブサイトらしいです。参考までに紹介しておきます。

参考洗車スポンジ濾材の製作方法 | 創造の館

用意するもの

ろ材を自作するにあたって、用意するものはたったのこれだけです!

  • 洗車スポンジ(イエローハット・ポリエーテル製)
  • カッター

正直なところ用意するものを見ただけで今後どうなるかが分かってしまうかもしれませんが、ちょっとしたコツなんかもあるのでもう少し読んで下さいね(笑)。

ここで紹介した洗車スポンジは多孔質になっており、濾過バクテリアが棲み付くには絶好の濾材です。

ポリエーテル製の洗車スポンジ

また、材質はポリエーテル製のものを選んで下さい。ポリエーテルは水中でも耐久性が高く、腐ったりもろくなったりすることがありません。長期間水中に沈没させて使用するろ材の材質選びには、このような耐久性も重要なポイントになります。

こういった濾材向きの性質を持った洗車スポンジがイエローハットで販売されています。もちろんイエローハット以外にもありますが、ネットなどを見ているとイエローハットのスポンジを利用している人が特に多いです。私は冒頭の画像の物(イエローハット製品)を使っていますが、一つ100円でした。洗車スポンジ一つで濾材に換算すると2リットル分程度にはなるので、コストパフォーマンスは相当高いです。市販の濾材だと5リットルで数千~数万円するような物もありますからね。

自作手順

もうこれは写真を載せたりするまでもないですね。洗車スポンジをカッターで1cm角程度の大きさにカットするだけです。簡単でしょう?

やってみると割と面倒な作業ですが、玉ねぎのみじん切りみたいな感じで縦と横に切れ目を入れるようにして切っていくと比較的楽に作業できます。

濾材ネットの自作

濾材ができたら濾材ネットもついでに作ってしまいましょう。濾材ネットがあるとないとでは管理のし易さは全然違います。管理が面倒だとだんだん手入れが疎かになっていき、ついには水槽崩壊なんてことにもなりかねません。後々面倒なことになる前に、最初に必要なことは全部やってしまいましょう!

用意するもの

ろ材と同じく、ろ材ネットの作り方も非常に簡単です。用意するものも少なく、以下の2つがあれば問題ありません。

  • 洗濯ネット
  • はさみ or カッター
ダイソーの洗濯ネット

洗濯ネットはダイソーで販売されていた上の写真のものを使いました。濾材ネットにはなるべく目の粗い、水通しのいいネットが良いのですが、洗濯ネットは目の細かい物が多いです。上の洗濯ネットも一見目が細かいように見えるのですが…

粗目洗濯ネット

実はネット部分が粗目と細目の2重構造になっているんです。細目の部分を切り取ってしまえば、目の粗い、水通しのいい濾材ネットが出来るという寸法です!

自作手順

外側の目の細かいネットをはさみで切り取る! 以上です!

濾材ネットを自作

我ながらいい感じの濾材ネットが出来ました!

AquaTurtliumでは今回紹介したスポンジろ材と濾材ネット以外にも、色々なアクアリウム用品の自作に挑戦しています。これまでに作った自作アクアリウム用品は以下のページにまとめられているので、DIYアクアリウムに興味があるアクアリストの皆様は、ぜひこちらのページもチェックしてみて下さいね。

自作・DIY
アクアリウムやカメ・爬虫類飼育に必要な用品・器具・ツールの自作・DIYに関連する記事のまとめです。市販されていない器具の自作方法や、コストダウン・高性能化に役立つ自作方法をまとめています。記事を読めば同じものを簡単に作ることができます。

今回はスポンジろ材&濾材ネットの作り方を紹介しました。濾過フィルターなどの自作は気合を入れてやると思いますが、もう少し気をつかって濾材まで自作すればさらなるコストダウンができます。作業も簡単で大したリスクも無いですし、おススメですね。分からないことなどあればコメント欄にどうぞ!

スポンサーリンク
自作でコストダウン!スポンジ濾材と濾材ネットの自作方法
この記事をお届けした
AquaTurtliumの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. 貴サイトで紹介されている洗車スポンジを考案した、創造の館の管理人です。当サイトの記事はすべて著作権保護の対象になります。当サイトの記事を引用、転載する場合は必ずリンク設置し出典の明記をお願いいたします。
    http://souzouno-yakata.com/copyright/

    • K-ki K-ki より:

      創造の館管理人さん、コメントありがとうございます。

      貴サイトの記事の引用、ましてや転載などは一切行っておらず、出典として明記すべきという認識は当方にはありませんが、一応アイデアの考案元として記事中にリンクを追加しておきました。この記事自体はインターネット掲示板などの情報を参考に、私が実際に行った作業をまとめたものであり、貴サイトの著作権を侵害するものではないことをご理解ください。

  2. 中将 より:

    こんばんわ。お初です。
    私は、このサイトを参考にクサガメのオーバーフロー濾過槽を作成いたしました。
    濾材には、紹介されていたスポンジを使用しています。
    そこで質問ですが、濾材が中々沈まなくて濾過槽内で浮島見たくプカプカしている状況です。沈下するにはかなりの期間を要すのでしょうか?
    それとも、なにか足りない部分があるのでしょうか?
    初めて作成しましたので気になる部分です。くだらない質問かもしれませんが、お答えいただけると幸いです。

    • K-ki K-ki より:

      中将さん、コメントありがとうございます。当ブログを参考にしてもらえているようで、とても嬉しいです(^^*)

      記事内には書いていませんでしたが、このスポンジろ材は作成直後は水に浮きます。しかし何ヶ月か使用していると、段々と水に沈むようになります。水に浮いている間も、水中に浸かっている部分はろ材として機能するので、私は使用には問題ないと考えています。参考になれば幸いです。

  3. fuma killer より:

    こういった情報を「自らが考案したもの」とかいちゃもんをつける人がいるのかとびっくりしてしまいました。恥ずかしくないのでしょうか。

    • K-ki K-ki より:

      コメントありがとうございます。久しぶりに件のコメントのことを思い出しましたが、引用も転載もしていないので、主張が変だなーと思ってしまいます。

      まあ、今更なので放置しますが…。

Yes No