「 ニュース 」一覧

このページはカテゴリー「ニュース」に属する記事の一覧ページです。

関連ページ一覧

カテゴリー「ニュース」には、以下の子カテゴリーページが存在します。

動物の奇形の報告!3つ目のカニや双頭のカメが発見される

動物の奇形の報告!3つ目のカニや双頭のカメが発見される

海外ニュース 約3分

特異な形質を持った生物が見つかるとよく話題になりますが、こういったときは奇形である事が多いです。今回は、3つ目のカニ、双頭のカメが発見されたという報道があったので紹介します。奇形は進化の原点だという主張も存在しますが、本当はどうなんでしょうか。

宇宙で繁殖実験中のヤモリに帰還の危機…衛星が制御不能に

宇宙で繁殖実験中のヤモリに帰還の危機…衛星が制御不能に

海外ニュース , 約3分

無重力空間における繁殖行動の研究のため、ロシアの実験衛星「フォトンM4号機」で宇宙空間に送り込まれていたヤモリが、地球に帰還できない可能性があることが分かりました。衛星が地上からの指示に応答しないそうです。ヤモリ達は無事に帰ってこられるのでしょうか…。

グッピーの色覚遺伝子の秘密を解明!”水の綺麗さ”が強く影響

グッピーの色覚遺伝子の秘密を解明!”水の綺麗さ”が強く影響

国内ニュース 約3分

少し古いニュースですが面白そうなものを見つけたので記事にしてみます。アクアリウムの世界には「グッピーに始まりグッピーに終わる」という格言があります。綺麗で飼育も繁殖も容易なグッピーは初心者に好まれますが、品種改...

クモの世界の美食家か?少なくとも18種の魚食性のクモが存在

クモの世界の美食家か?少なくとも18種の魚食性のクモが存在

海外ニュース 約3分

クモには糸を出して巣を作り、獲物がかかるのを待つイメージがありますが、実は巣を作るクモは全体の半分ほどで、残り半分は地上を徘徊して餌を探します。そんな徘徊性のクモから、非常に珍しい魚を食べるクモが報告されました。水面の振動から魚の存在を感知し捕食するようです。

どうなる日本の亀事情?ミドリガメが特定外来生物の候補に!

どうなる日本の亀事情?ミドリガメが特定外来生物の候補に!

国内ニュース 約3分

ペット亀として馴染みの深いミドリガメことミシシッピアカミミガメがモラルのない飼育者の遺棄等により野生化、生態系を破壊していることが問題となっています。これを受け環境省がミドリガメの特定外来生物への指定を検討し始めました。

亀が甲羅を得るまでの進化の過程を解明!南アフリカの化石が手掛かり

亀が甲羅を得るまでの進化の過程を解明!南アフリカの化石が手掛かり

海外ニュース , 約5分

亀が甲羅を手に入れるまで、どのような進化を経てきたのかがイェール大学とスミソニアン博物館の研究によって明らかにされました。テイラー・ライソン(Tyler Lyson)氏によると、化石調査から亀の甲羅は腹甲が先に発達し、その後背甲が発達したことが明らかになったそうです。

アメリカすげえ!絶滅危惧種シマヨルトカゲ個体数回復の兆し

アメリカすげえ!絶滅危惧種シマヨルトカゲ個体数回復の兆し

海外ニュース 約5分

アメリカで絶滅危惧種(Threatened)に指定されていたシマヨルトカゲの個体数が回復し、絶滅危惧種から除外されることが検討されています。野生動物保護に向けたアメリカの取り組み内容を紹介します。日本も見習いたい成果です。

ベトナムで色鮮やかな新種トカゲ「カロテス・バカエ」が発見される

ベトナムで色鮮やかな新種トカゲ「カロテス・バカエ」が発見される

海外ニュース , 約6分

ベトナムでアガマ科の新種トカゲ「カロテス・バカエ」が発見されました。エメラルドブルーの体色が美しいトカゲで、これまで近縁のシロクチカロテスと混同されていたようです。アガマ科はフトアゴヒゲトカゲ属も含まれる人気のある仲間です。

30年以上前に行方不明になった亀が鍵のかかった物置から生還

30年以上前に行方不明になった亀が鍵のかかった物置から生還

海外ニュース 約5分

ブラジルで30年以上前に行方不明になっていたペットのアカアシガメという種類の亀が、物置から生きた状態で発見されました。シロアリを食べて生き延びたと推測されていますが、もの凄い生命力です。英語ニュースを引用して紹介します。

Yes No