亀などの爬虫類に寒い冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

亀などの爬虫類に寒い冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

亀をはじめとした多くの爬虫類は、一部の種を除き健康を維持するために紫外線を浴びる必要があります。骨や甲羅を正常に維持・成長させるためにはカルシウムが必要ですが、カルシウムを摂取しなければなりません。そして摂取したカルシウムを効率よく体内に吸収するためには、ビタミンD3が不可欠です。

スポンサーリンク

ビタミンD3は紫外線(正確には紫外線の中のUVBというもの)を浴びることによって爬虫類の体内で生成されるため、爬虫類が健康を維持するためには紫外線を浴びなければならないのです。

冬場は紫外線供給が難しい

ビタミンD3の生成に必要な紫外線(UVB)は太陽の光に多く含まれているため、飼育している爬虫類を太陽光のもとで(強制的に)日光浴させれば十分な紫外線を浴びさせることができます。またUVBを照射する爬虫類用の紫外線灯も市販されていますが、紫外線の照射量は太陽光と比べ大きく劣ります。照射量が少ない分長時間光を浴びる必要があるわけです。

私は亀を室内飼育しているので、紫外線の供給は基本的には爬虫類用の紫外線ランプに頼っています。ですが甲羅の状態が悪い個体がいることもあり、より効果の大きい太陽光下での日光浴も積極的にさせています。夏場はほぼ毎日ベランダに設置してある日光浴用の衣装ケースで日光浴をさせていました。

しかし秋や冬になって気温が下がってくると、無闇に外で日光浴をさせるのにはリスクが伴います。普段室内の温かい環境で飼育している爬虫類を、急に屋外の気温が低い環境にさらすと風邪をひいたりと調子を落とす可能性があります。

爬虫類にとっては風邪をひくだけでも命に関わる場合もあるため、屋外で日光浴をさせるのにはどうしてもためらいがあります(ガラスは紫外線を透過しないので窓ガラス越しの日光浴では意味がありません)。しかし太陽光で日光浴させて十分な紫外線は供給したい…。ここでジレンマが生まれてしまいます。

冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

そこで私は室内で太陽光を浴びさせるという方法を取っています。ベランダへ出る戸を開けて網戸にしておき、下の画像のようにプラケースに入れたカメたちを日向に出して室内にいながら太陽光を浴びれるようにしているわけです。

RIMG4403

部屋の中は外に比べるとかなり暖かく、20℃以上はあります。これに日光が当たればカメたちにとっても十分な暖かさになっています。夏場は直射日光での日光浴は熱中症の可能性もあり厳禁ですが、今ぐらいの季節の気温ならそこまで暑くなることはありません。

こうやって書くと大したことが無い内容なんですが、私はこの方法になかなか気づけませんでした。ちょっとした事なんですが、少しでも亀の健康に役立ったらいいなーと思い天気の良い日には室内強制日光浴をさせています。

ちなみに天気の悪い日や外の気温が極端に低い日はこの方法でも寒そうなので、日光浴はさせません。あくまでも紫外線灯の補助くらいの気持ちですね。

まとめ

気温の下がる秋や冬にも太陽光の下で日光浴させるためのちょっとした工夫を記事にしてみました。こんなの当たり前とか、この方法は良くない、とかあるかもしれません。何かあればコメントしていってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

  1. koi より:

    こんばんは。

    アダルトになると割と夏場にしっかりと甲羅干しをしておくとカミハタで販売されていたネオハロゲンライトやレフ電球でも比較的問題視されるほどの病気なることは無いですよね。

    紫外線ライトも10.0以上のものが発売されると良いのですが、未だに10.0UVB以上のものを見かけたことが無いのですが、管理人さんは見かけたことありましたら教えてください。

    • K-ki K-ki より:

      koiさん、こんばんは。

      夏場にしっかり甲羅干ししておくと冬場に少し紫外線が足りなくても大丈夫なことがほとんどらしいですね。でもまあ紫外線灯は設置しておくに越したことは無いと思いますが…。

      10.0より高い割合の紫外線ライトは多分無いと思います。
      ただ割合よりも絶対量のほうが重要だと思うので、私はこんなデータを参考にしています。

      http://rikugame.jp/files/UVB.pdf
      各社UVB蛍光灯の測定データ( 1.023world – ヤドカリパークとマリンアクアリウム -)

      2つの資料で合致しない点もありますが、これを見てある程度は優秀な紫外線ライトを絞り込んでいます。

      • koi より:

        こんばんは。

        見たこと無いデータで非常に勉強になります。

        データを見る限り10.0でも1本より5.0を2本の方が良さそうですね。

        サプティサン10.0に関してはさすがブリーダー推奨といいますか海外でも評判が良いのは頷けますね。^^

        それでも以前調べた太陽光と紫外線ライトでの比較ですと紫外線ライト8時間=太陽光15分程度が同じだったと記憶しております。

        そう考えると1日30分程度で直射日光の下で甲羅干しをさせられるとD3形成には大いに役立ちそうですね。

        • K-ki K-ki より:

          レプティサンは直管型は評判がいいですが、スパイラル型は紫外線量が少ないというデータもあるので(正確かは分かりませんが)使うなら直管型の方が安心ですね。レプティサンに限らず個人的には紫外線灯は直管型の方が(長い間使われてきている分)信頼できるんじゃないかなとも思っています。

          太陽光は短時間でも効果が高そうなので、やはりできる限り浴びさせておきたいですね。

  2. コンカナ より:

    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見しております。

    普段の水槽の温度にもよりますが、20度程だと活動が鈍りその後の餌食いが悪くなることもあるので、保温球やホットスポット用のライトを組み合わせた方がいいかもしれないですよ。(暑すぎるのも注意ですが)

    また、冷気を吸い込まないよう空気の流れにも気を配ると万全かもしれません。

    失礼しました。

    • K-ki K-ki より:

      コンカナさん、はじめまして!
      いつも見て下さりありがとうございます(笑)

      20℃くらいだとちょっと怪しいこともありますかねー。日光の分もう少し暖かいはずですが、一度温度を測ってみた方がいいかもしれませんね。電源コードが届かないので保温球はちょっと設置しづらいんですよね…^^;
      冷気も入ってこないように一層気をつけますね!
      ありがとうございます。

  3. avamar より:

    プラスチックケースも紫外線を吸収してしまう気がしますがどうなんでしょうね。
    プラスチックと言ってもいろいろあるので一概には言えませんけど・・・
    プラケース越しでも効果が出ている等の情報あればいただきたいです!

    wiki 紫外線
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A

    プラケースでOKなら、水とヒーターも一緒に入れてあげて、水の中で日光浴させれば問題ないのでは?

    水の吸収スペクトル
    http://omlc.org/spectra/water/gif/hale73.gif

    ただし、外気温と水温の温度差があると肺炎になるかもしれないので、ふたはしたほうがよさそうですね。

    ふたとしては三井化学のTPXを使用しているフォーラップはどうでしょうか?
    TPXは比較的紫外線の透過率が高い素材のようです。

    http://www.mitsuichem.com/service/pdf/tpx_j.pdf

    • K-ki K-ki より:

      avamarさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りプラスチックは色々な種類があるので、一概には言うのは難しそうですね。この場合はプラスチックのない上部から必要な紫外線が入ってきます。

      水とヒーターも一緒に入れて・・・というのも紫外線の面から見ればありかもしれません。ちょっと準備に手が掛かりますが・・・。私は一応乾燥させることによる皮膚病予防もかねてこのスタイルにしています。

      あまり長時間・頻繁にすることではないので肺炎の心配まではしていません。最近は本格的に寒くなってきたのでこの方法で日光浴をさせることもほとんどなくなりましたし・・・。あくまで紫外線ライトの補助ですね。

      ラップでフタという案は面白そうですが、蒸れとかが気になったりもしますね。

Yes No