爬虫類飼育 生体知識・飼育方法

亀などの爬虫類に寒い冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

2014/11/19

亀などの爬虫類に寒い冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

亀をはじめとした多くの爬虫類は、一部の種を除き健康を維持するために紫外線を浴びる必要があります。骨や甲羅を正常に維持・成長させるためにはカルシウムが必要ですが、カルシウムを摂取しなければなりません。そして摂取したカルシウムを効率よく体内に吸収するためには、ビタミンD3が不可欠です。

ビタミンD3は紫外線(正確には紫外線の中のUVBというもの)を浴びることによって爬虫類の体内で生成されるため、爬虫類が健康を維持するためには紫外線を浴びなければならないのです。

冬場は紫外線供給が難しい

ビタミンD3の生成に必要な紫外線(UVB)は太陽の光に多く含まれているため、飼育している爬虫類を太陽光のもとで(強制的に)日光浴させれば十分な紫外線を浴びさせることができます。またUVBを照射する爬虫類用の紫外線灯も市販されていますが、紫外線の照射量は太陽光と比べ大きく劣ります。照射量が少ない分長時間光を浴びる必要があるわけです。

私は亀を室内飼育しているので、紫外線の供給は基本的には爬虫類用の紫外線ランプに頼っています。ですが甲羅の状態が悪い個体がいることもあり、より効果の大きい太陽光下での日光浴も積極的にさせています。夏場はほぼ毎日ベランダに設置してある日光浴用の衣装ケースで日光浴をさせていました。

しかし秋や冬になって気温が下がってくると、無闇に外で日光浴をさせるのにはリスクが伴います。普段室内の温かい環境で飼育している爬虫類を、急に屋外の気温が低い環境にさらすと風邪をひいたりと調子を落とす可能性があります。

爬虫類にとっては風邪をひくだけでも命に関わる場合もあるため、屋外で日光浴をさせるのにはどうしてもためらいがあります(ガラスは紫外線を透過しないので窓ガラス越しの日光浴では意味がありません)。しかし太陽光で日光浴させて十分な紫外線は供給したい…。ここでジレンマが生まれてしまいます。

飼育データ管理・共有サービス「RIUM」を今すぐ使ってみよう!

冬でも太陽光の紫外線を浴びさせる工夫

そこで私は室内で太陽光を浴びさせるという方法を取っています。ベランダへ出る戸を開けて網戸にしておき、下の画像のようにプラケースに入れたカメたちを日向に出して室内にいながら太陽光を浴びれるようにしているわけです。

RIMG4403

部屋の中は外に比べるとかなり暖かく、20℃以上はあります。これに日光が当たればカメたちにとっても十分な暖かさになっています。夏場は直射日光での日光浴は熱中症の可能性もあり厳禁ですが、今ぐらいの季節の気温ならそこまで暑くなることはありません。

こうやって書くと大したことが無い内容なんですが、私はこの方法になかなか気づけませんでした。ちょっとした事なんですが、少しでも亀の健康に役立ったらいいなーと思い天気の良い日には室内強制日光浴をさせています。

ちなみに天気の悪い日や外の気温が極端に低い日はこの方法でも寒そうなので、日光浴はさせません。あくまでも紫外線灯の補助くらいの気持ちですね。

まとめ

K-ki

気温の下がる秋や冬にも太陽光の下で日光浴させるためのちょっとした工夫を記事にしてみました。こんなの当たり前とか、この方法は良くない、とかあるかもしれません。何かあればコメントしていってくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

K-ki

K8ki・けーきはK-kiのシノニム。 AquaTurtlium(アクアタートリウム)を運営しています。 生き物とガジェットが好きなデジタル式自然派人間。でも専門は航空宇宙工学だったりします。 好きなことはとことん追求するタイプ。

-
-生体知識・飼育方法
-
-

© 2022 AquaTurtlium