「 野生生物保全施設・イベント 」一覧

施設・イベント

このページはジャンル「野生生物保全」とカテゴリー「施設・イベント」に属する記事の一覧ページです。

野生生物保全の概要

野生生物の保護・保全や管理に関連する記事のまとめです。絶滅の危機に瀕する希少な生物や日本の生態系に影響を及ぼす外来種問題への対策など、生物多様性の保全に繋がる情報を紹介します。野生生物の保全は自然環境の保護へと繋がり、人間へも恩恵をもたらします。

施設・イベントの概要

K-kiが訪れた施設や参加したイベントに関連する記事のまとめです。アクアリウムや亀・爬虫類に関するもの以外にも、旅行や他の趣味についての施設・イベントの記事もまとめています。写真が多めのできるだけ臨場感が伝わるような記事を書いています。

ニホンイシガメ保全調査に参加-フィールドと最前線の研究者から学ぶこと

ニホンイシガメ保全調査に参加-フィールドと最前線の研究者から学ぶこと

施設・イベント 約12分

個体数減少が危惧されている日本の淡水性カメ類(主にニホンイシガメ)ですが、実は定量的な生息状況の評価が行われておらず、適切な保全が行いにくいのが現状です。これらの亀の生息調査にボランティアとして参加したので、フィールドワークで得た知識や考えたことをまとめます。

アカウミガメ(野生動物)の生態調査-準備編:知識と必要な装備

アカウミガメ(野生動物)の生態調査-準備編:知識と必要な装備

施設・イベント 約12分

野生動物の保全についてより実践的な知識を得るため、アカウミガメの生態調査に参加することにしました。産卵に来た親ウミガメや孵化直後の子亀に個体識別のための標識を装着するのが主な作業です。調査に必要な知識や装備品など準備方法をまとめます。

須磨水族館と亀-鉄道用U字溝からミドリガメ問題や人工ヒレまで

須磨水族館と亀-鉄道用U字溝からミドリガメ問題や人工ヒレまで

, 施設・イベント 約9分

須磨水族館の「亀による列車輸送障害を防ぐ技術開発」が話題ですが、須磨水族館は他にも亀に関して、「亀楽園とアカミミガメ・パスポート」や「悠ちゃんプロジェクト」など様々な保護活動を行っています。須磨水族館の取り組みを紹介します。