「 2014年07月 」一覧

コケや汚れの原因解消!ろ過槽・フィルターを掃除するタイミングと方法

コケや汚れの原因解消!ろ過槽・フィルターを掃除するタイミングと方法

掃除・長期維持, コケ・藻類対策 , , 約9分

アクアリウムでは濾過槽や濾過フィルターで水をろ過し、魚が生きられるようにしています。しかしこれら濾過器が汚れるとコケ発生や魚の病気の原因となる場合があります。コケ・病気予防のための濾過槽掃除のタイミング・方法を紹介します。

亀とアクアリウムの融合!レイアウト水槽で魚との混泳飼育!

亀とアクアリウムの融合!レイアウト水槽で魚との混泳飼育!

水槽レイアウト , , , 約4分

アクアリウムの濾過やレイアウト技術を取り入れ、亀の水槽を出来る限り綺麗にレイアウトしてみました。ニホンイシガメ・カゼトゲタナゴ・シマドジョウが混泳しており、底砂は田砂、水草はウィローモスが中心の爽やかな陰性レイアウトです。

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

温度管理 約3分

私が起こしてしまったアクアリウム史上最悪の失敗を戒めも込めて紹介します。夏場にミクロラスボラ・ハナビの高水温耐性を過信し適切に水槽を冷却しなかった結果、3匹のハナビを死なせてしまいました。経緯と今後の対処方針をまとめます。

宇宙で繁殖実験中のヤモリに帰還の危機…衛星が制御不能に

宇宙で繁殖実験中のヤモリに帰還の危機…衛星が制御不能に

海外ニュース , 約3分

無重力空間における繁殖行動の研究のため、ロシアの実験衛星「フォトンM4号機」で宇宙空間に送り込まれていたヤモリが、地球に帰還できない可能性があることが分かりました。衛星が地上からの指示に応答しないそうです。ヤモリ達は無事に帰ってこられるのでしょうか…。

ホントに超高性能!活性炭「ブラックホール」の効果と使い方

ホントに超高性能!活性炭「ブラックホール」の効果と使い方

水質調整・検査用品 , , 約10分

アクアリウム用の超高性能活性炭「ブラックホール」を解説します。活性炭は流木のアク等の水の黄ばみや、重金属など生体に有害となる物質を吸着します。ブラックホールが吸着・無害化出来る物質や交換時期の目安、使い方等をまとめます。

亀のエサといえばコレ!ザ・定番「テトラ レプトミン」

亀のエサといえばコレ!ザ・定番「テトラ レプトミン」

エサ・栄養補助サプリメント 約8分

水棲亀のエサの定番で、栄養バランスやカルシウム量にも定評のあるテトラ レプトミンを解説します。比較的植物質の原材料が多く、嗜好性は高いというほどではありませんが、歴史がありブリーダーや獣医師からの信頼も厚い亀のエサです。

汚れた甲羅もピカピカに!亀の甲羅の苔や藻を落とす方法

汚れた甲羅もピカピカに!亀の甲羅の苔や藻を落とす方法

生体知識・飼育方法 約5分

亀を飼育していると甲羅にコケや藻が生えてくることがあります。実はこのコケや藻を放置すると亀の健康を害する恐れがあります。今回は亀の甲羅にコケが生える原因と影響、イソジンや歯ブラシ等を使って甲羅を掃除する方法を紹介します。

テトラ レプチゾルの効果と使い方!ビタミン補給で健康に!

テトラ レプチゾルの効果と使い方!ビタミン補給で健康に!

エサ・栄養補助サプリメント 約6分

爬虫類用のビタミン剤・サプリメントとして有名なテトラ レプチゾルの用途、成分、容量、注意点や使い方を紹介します。ビタミンA欠乏症などに対し効果があるという評価・レビューも多いので亀など爬虫類の健康管理に使用してみて下さい。

アクアリウムの必需品!プログラムタイマーで照明等を自動化

アクアリウムの必需品!プログラムタイマーで照明等を自動化

用品・器具・ツール 約8分

アクアリウムの日常的な管理・メンテナンスを楽にしてくれるプログラムタイマーの用途・使い方・商品例・使用感などを紹介します。水槽周辺の照明や二酸化炭素の添加など、毎日決まった時間にオンオフする器具の管理に非常に役立ちます。

自作でコストダウン!スポンジ濾材と濾材ネットの自作方法

自作でコストダウン!スポンジ濾材と濾材ネットの自作方法

水槽用ろ過フィルター , 約6分

購入すると高価なアクアリウム用品である「濾材」を自作して安価に入手する方法とろ材用ネットの作り方を紹介します。ポリエーテル製の洗車スポンジにより高性能な濾材を手軽に作ることができ、安定した熱帯魚やエビ飼育を実現できます。

水っぽい?黄色い?寄生虫?カメの糞から読み取る健康状態!

水っぽい?黄色い?寄生虫?カメの糞から読み取る健康状態!

生体知識・飼育方法 約5分

亀の健康状態の異変を早期発見するための手がかりである「糞」について、その状態を観察することで病気や脱水症状などを見抜く方法を紹介します。下痢、便秘など人間にも起こる症状や、亀特有の尿酸の排泄、そして寄生虫の存在などについて解説します。

Yes No