爬虫類飼育 病気・疾患

カメの水カビ病を治療する…!日々消毒中の甲羅の状況の観察

2014/06/27

カメの水カビ病を治療する

ウチのイシガメは去年呼吸器感染症と甲羅の水カビ病を発症してしまいました

今では呼吸器感染症の方はもうだいぶ良くなり,水カビ病の方が大きな問題となっています

6月の頭ごろから本格的に甲羅の水カビ治療を再開し,今は雨の降っていない日はほぼ毎日ベランダで甲羅の消毒と日光浴を行っています

自分が後で見直して病気の変化の様子を確認するためにも,甲羅の様子を時々写真を撮って記録していこうと思います

マル

まずは我が家のイシガメの小さい方,マル君です

このこは呼吸器感染症の性で甲羅が一部えぐれてしまっていて痛々しいです

カメの甲羅の水カビ病の様子

全体的に水カビの性で甲羅が白っぽいですが,水カビにおかされていない綺麗な甲羅の部分もあります

これでも以前に比べるとだいぶ良くなりました

カメの甲羅の水カビ病の様子

もう少しアップで

カメの甲羅の水カビ病の様子

横から見た様子

水カビが細かく全体に広がっていて除去するのが難しいです

消毒を続けていると少し取り除きやすくなるので気長に消毒を続けるしかないと思います

シカク

ウチのイシガメの大きい方,シカク君です

マル君とは最初はほぼ同じ大きさでしたが,今では2回りくらい大きいです

これも多分病気のダメージがマル君の方が大きかったからですね…

これからのマル君の成長に期待です

カメの甲羅の水カビ病の様子

マル君に比べると水カビにおかされている部分とそうでない部分がはっきりしています

水カビ部分の除去もしやすいです

カメの甲羅の水カビ病の様子

アップ

カメの甲羅の水カビ病の様子

椎甲板と縁甲板の水カビが強固でなかなか除去できません

これも長期的な消毒くらいしか対処法がないのかな…

まとめ

カメの甲羅の水カビ病の様子

以前の記事:甲羅の水カビ病の現状…しばらく振りの現状報告に一ヶ月弱前のカメたちの甲羅の様子があります

それに比べると,手作業で水カビを除去した性もありますがだいぶ良くなっている気がしてきます

今後とも継続的な消毒と記録・管理を心掛けていきます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

K-ki

K8ki・けーきはK-kiのシノニム。 AquaTurtlium(アクアタートリウム)を運営しています。 生き物とガジェットが好きなデジタル式自然派人間。でも専門は航空宇宙工学だったりします。 好きなことはとことん追求するタイプ。

-
-病気・疾患
-
-

© 2021 AquaTurtlium