デスクのお供には…亀!?「亀の形のオプティカルマウス」が発売

baby in the urban wild
baby in the urban wild / Unlisted Sightings

皆さんはどれくらいパソコンを使っていますか? 私は毎日数時間は使っています…(笑)。多くの人が日常的に使うものにはなるべく気に入ったものを使いたいと思うはずですが、そんな亀ファンの方々に朗報です!

スポンサーリンク

パソコンの通販ショップ「ドスパラ」から、亀の形をした光学式マウスが発売されました。日用品に亀をモチーフとしたアイテムを増やすチャンスですよ!

亀の形のオプティカルマウス

「亀の形のオプティカルマウス」は、2月26日にドスパラの直販ショップ「上海問屋」で発売されました。亀の甲羅をマウスに見立てたアイデアが光る商品ですね。亀の甲羅とマウスは元々形が似ているので、無理なく手に馴染みそうです。

ちなみにオプティカルマウスというのは「光学式マウス」のことです。マウスの下側にボールが付いているのではなく、赤や青のライトによって動きを検知するタイプのマウスです。お値段は500円と手頃な設定になっています。

デザイン

全体的なデザインとしては、甲羅に手足を引っ込めて頭だけだした亀の形をしています。亀の口の部分からケーブルが出ていて、そのケーブルをパソコンのUSBポートに差し込んで使用する形になります。

商品の画像をよく見ると分かりますが、甲羅の並び方がちょっと変です。第一椎甲板と第一肋甲板の間に謎の甲板が1対あります。縁甲板とかの作りも適当です。亀好きとしてはここらへんはもう少しちゃんと実物の亀を観察して、ディテールにこだわって欲しかったところではありますが、まあ500円という価格を考えるとこんなもんでしょう。

色は金色・橙色・緑色・赤色・青色の5色展開です。赤色と緑色の商品ではホイール部分も甲羅や頭と同じ色をしていますが、金色・橙色・青色の商品ではホイール部分だけが黄色っぽい色になっています。また赤と緑がつや消し風の質感なのに対し、金・橙・青はツヤのある質感となっています。素材が違うのかな?

製品仕様・スペック

亀の形のオプティカルマウスの製品仕様は以下の表の通りです。

インターフェイス USB
サイズ/重量 縦12×横7.7×厚3.5 (cm)/66g
ケーブル長さ 108cm
製品保証 初期不良2週間

インターフェイスはUSBなので、使用の際にはUSBポートへと接続します。サイズ・重量・ケーブルの長さなどは一般的なマウスの範囲内と言えるでしょう。

殺風景になりやすいパソコンの周辺ですが、この亀の形のオプティカルマウスを使えば可愛らしい雰囲気にできそうですね。亀グッズに囲まれて暮らしたい!というような亀好きの方にはおすすめです。値段も安いので、簡単なプレゼントなどに選んでも喜ばれるかもしれませんね!

Yes No