亀も肥満になる!甲羅から肉がはみ出ていたら要注意!

亀も肥満になる!甲羅から肉がはみ出ていたら要注意!

皆さんは亀も肥満になるということを知っているでしょうか。亀も人間と同じように肥満になることがあり、そうなると人間と同じように健康の問題が起こる可能性があります。今回はそんな肥満を見分ける方法や対処法などを紹介します。

スポンサーリンク

特に初めて亀を飼うような初心者の方は、可愛いからといってついついエサをあげすぎてしまいがちです。適切な給餌でカメの健康を維持してあげましょう。

カメの肥満

見分け方

まずは肥満かどうかを見分ける方法から紹介していきます。以下で紹介するのは水棲カメの場合です。リクガメだとまた違うかもしれませんので注意してください。

少し肥満状態の亀

肥満を見分ける方法はいくつかありますが、最も簡単なのは手足や首の付根を観察することです。特に後脚の付根がわかりやすいです。手足が甲羅に収まらないほど肉が付いているようだったら完全に肥満です。

上の写真はあまり上手く撮れていませんが、手足は甲羅に収まっているものの肉が甲羅からはみ出しています。これはやや肥満気味な状態ですね。このまま更に太っていくともっとひどい肥満状態になってしまう可能性があります。

適切な状態

亀は痩せていればいいというわけではありません。肥満の原因となっている脂肪は、亀が拒食や病気になった場合の体力の源にもなります。痩せ過ぎの亀はちょっと状態を崩すとそれが悪化しやすいので、ある程度の脂肪はあったほうが安心です。

子亀であれば上の写真程度の肉付きは大きな問題はない思います。子亀はどうしても調子を落としやすいのでその時の保険になりますし、成長期の亀は代謝もいいので痩せさせるのもそんなに難しいことではありません。

生体ならば上の写真よりももう少し肉付きを抑え、脚が甲羅に治まった時に肉があまりはみ出ない程度がいいでしょう。ただし冬場に冬眠させるのであれば、冬眠に向けた体力=脂肪の蓄積があったほうがいいので、上の写真程度ならそこまで問題はないと思います。私は今のところ冬眠をさせる予定はないので、もう少し絞ったボディにしてあげたほうが良いかなーと思っています。

上で紹介した画像が少し分かりにくいので、もうちょっとわかりやすい画像を紹介しておきます。「亀 肥満」で画像を検索するといっぱい出てきますよ。

肥満の及ぼす害

多少の脂肪はあったほうが良いですが、やはり肥満は健康に悪影響を及ぼします。ここではそんな悪影響の例を紹介します。

内蔵圧迫

亀は体を固い甲羅で覆われているので、肥満になると脂肪で内蔵が圧迫されてしまいます。そうすると消化器・循環器なども圧迫を受けて機能が阻害され、様々な病気を引き起こしやすくなってしまいます。また、手足・首などがむくんで怪我をしやすくなったり感染症にかかりやすくなったりもするようです。

甲羅の異常成長

子亀の時にエサを大量に与えると亀の体は急激に成長して大きくなる傾向があります。しかし甲羅は体ほど急激に成長することはできないので、体のサイズと甲羅のサイズがちぐはぐになり、甲羅のフチの部分が沿ったような形に変形しながら成長していってしまうことがあります。また、栄養バランスの悪いエサで育った亀も、甲羅が異様にデコボコするなどの異常な成長の仕方をする場合があります。

いびつな形に変形してしまった甲羅は亀の負担にもなるので、できればエサを与えすぎず適切な給餌量である程度ゆっくり育てたほうがいいです。しかし一方で、パワーフィーディングと呼ばれる幼体時に餌を多めに与えて早く大きくしてしまうという飼育方法もあります。これは体が小さくて体力のない時期をはやく終わらせてしまおうというものですが、上手くやらないと甲羅に弊害が出てしまうおそれがあるんですね。

突然死につながることも

一般的な水棲カメでは肥満で突然死ぬということはあまり無いと思いますが、マタマタのような一部の種類や、亀ではないですがオオトカゲなどでは肥満が原因で突然死ぬということが良く起こるそうです。内臓の圧迫で窒息してしまう場合もあるそうです。

カンレプにキキの解剖をお願いしました。嫁は嫌がっていましたが、自分はどうしても原因が知りたかった。間瀬さんは快く引き受けてくれました。そして死因が明らかになりました。直接の死因は「窒息死」です。死ぬ間際に何度も見せたあくびのような行動は必死

上のリンクはオオトカゲのレイアウト飼育をされている方のブログで、私も非常に参考にしているブログですが、そこでも肥満での死亡例がありました。水棲カメではあまり起こらないとはいえ、生体にはこれに近い負担をかけているわけですから、やはり肥満は避けるべきです。

肥満の予防と対処法

肥満の予防・対処法は要するにカメのダイエット方法です。基本的には人間と同じく食事の見直しと運動が大切です

適切な餌の種類と給餌量を心がける

まずは食事の見直しです。レバーや魚などの動物性のエサをメインにしていて肥満になってしまった場合は、まずは配合飼料に切り替えるのが簡単な方法だと思います。配合飼料はカメに必要な栄養素を計算して作られているので、それだけ育てても問題ありません。私が特におすすめするのはテトラ レプトミンです。レプトミンについて解説した記事もあるので、よければそちらも読んでみてください。

亀のエサといえばコレ!ザ・定番「テトラ レプトミン」
水棲亀のエサの定番で、栄養バランスやカルシウム量にも定評のあるテトラ レプトミンを解説します。比較的植物質の原材料が多く、嗜好性は高いというほどではありませんが、歴史がありブリーダーや獣医師からの信頼も厚い亀のエサです。

配合飼料を与えているのにも関わらず肥満になってしまう場合は、単純に与え過ぎが問題である場合が多いです。幼体時(生後1~2年)は一日一度、生後3年目以降は1~3日に一度程度の頻度でいいでしょう。一度に与える量は亀の頭1~3個分程度と言われています。少し幅が広いですが、個体や季節などによっても適切な量は違うので、カメの様子を見ながら適宜調整するようにしましょう。

水量を多めに

こちらは運動の見直しに相当します。水槽のような狭い場所で飼育していると亀はどうしても運動不足になってしまいます。なるべく運動できるように、水量を多くして亀の泳げるスペースを広くしてあげることが有効です。水中であれば上下方向にも移動できるので、陸場を広げるよりも有効なスペースの増加は大きいです。

もちろん庭などの池で放し飼いにするなど、陸場も水場もひろい環境を作ってあげることができれば理想的ですが、人によって用意できる環境には違いがありますよね。有効なスペースの増加を考えると、陸場よりも水場を増やすほうが効率的だという意味です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は亀の肥満について紹介しました。思っていたよりも肥満の及ぼす害が怖いものだったのではないでしょうか。亀の肥満を少しでも気にしてもらえるようになれば幸いです。

ただし、肥満を気にするあまり痩せすぎにさせてしまうなんてことがないようにしましょう!一概には言えませんが私は痩せ過ぎにしてしまうくらいならまだ肥満の方がマシだと思っています。(あくまでも痩せ過ぎに比べたら、です。)痩せているというのは体力がないということなので、やはり体調を崩しやすくなってしまうからです。

急激に痩せたり太らせたりしようとせず、日々観察を積み重ねて適切な体重を維持できるようにしてあげられるのが一番いいですね。

コメント

  1. kameoto より:

    勉強になります
    ずっと餌を欲しがるので、食べなくなるまで与えてみたら
    まんまと甲羅から肉がはみ出ました(;つД`)
    今は2日に1回一握りの量にしぼったので、肥満からは脱出できました

  2. K-ki より:

    >kameotoさん

    亀は自分の健康管理なんて考えてないんでしょうね。野生下ではエサは食べれるときに食べれるだけ食べるものでしょうし、そういった感覚なのかもしれません。

    肥満から脱出できたんですね!世話をしっかりしてくれる飼い主でカメも安心だと思います!