爬虫類マンガ「マドンナはガラスケースの中」第1巻発売!

マンガ本が並んだ本棚

私はマンガがかなり好きで、日々いろいろな作品を読んでいるのですが、ここ数年はWEBマンガが非常に増えてきたと感じています。以前から個人サイトで自作のマンガを公開している方や、ウェブ漫画の投稿サイトは存在していましたが、最近は出版社が運営するサイト上で連載を行い、単行本も発売されるような形式のWEBマンガが多くなってきています。

スポンサーリンク

一人のマンガ好きとしては、作者がちゃんとお金をもらえているのかなーと気になる部分はあるものの、やはり無料で読める作品が多いのは嬉しいです。特に出版社が関わっている作品はある程度のクオリティは保証されていますから、面白いマンガも多いです。

そんな感じで最近注目を浴びている(?)WEBマンガの中でも、亀好き・爬虫類好きの心をグッと鷲掴みにしてくれそうな作品が「マドンナはガラスケースの中」というマンガです。こちらの作品の第1巻が発売になったようなので、ちょっと紹介してみようと思います。

スガワラエスコ「マドンナはガラスケースの中」

今回「マドンナはガラスケースの中」というマンガを紹介しようと思ったのは、なんとも珍しい爬虫類をテーマにしたマンガだからです。いくら最近WEBマンガが増えてきているからといって、ここまでピンポイントに爬虫類ファンを期待させてくれるようなテーマのマンガは中々ないでしょう。

この作品は実業之日本社が運営する「実日ブックス」というウェブ漫画サイトで連載されています。最新話と1~3話はいつでも無料で読むことができるので、興味をもった方はまずこちらのサイトを覗いてみると良いでしょう。

参考実日ブックス -「COMICリュエル」マドンナはガラスケースの中–

実は当ブログでは、以前にもこのマンガを紹介したことがあります。

爬虫類がテーマのWEBマンガ「マドンナはガラスケースの中」
WEBマンガサイト・COMICリュエルで新連載としてスタートした、爬虫類がテーマのWEBマンガ「マドンナはガラスケースの中」を紹介します。爬虫類専門のペットショップを取り巻く人間関係にスポットライトを当てた作品です。

こちらの記事は連載開始直後に書いたものですが、この後も私は連載を追かけて読んでいました。第1巻が発売にったということで、応援の気持ちも込めてもう一度紹介してみることにしたわけです。以下で簡単にあらすじを紹介していきます。

主人公は爬虫類性愛者!?

主人公・山本裕也は爬虫類性愛(オフィディシズム)の持ち主で、女性にはてんで興味がなく、ペットのヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の交尾を撮影しては悦に浸るような生活を送っていました。端から見ると可哀想に思えてしまうものですが、彼自身は性癖が昂じて爬虫類専門ペットショップの店員をつとめており、非常に満足した暮らしを送っていました。

「九由莉」との出会い

そんな裕也はある日、客として訪れた美少女・九(いちじく)由莉に出会います。女性に対してかつてない感情を抱いた自分に戸惑っているところにさらに追い打ちを掛けるように、由莉が小学生だということが判明します。一体裕也は爬虫類性愛者なのか!?それともロ○リコンなのか!?

2015年7月16日、第1巻発売

とまあこんな感じで、「マドンナはガラスケースの中」というマンガは、爬虫類をきっかけとした恋愛モノだと思ってもらえれば大体合ってると思います。絵も綺麗で読みやすいですし、ヒロインの由莉ちゃんもつり目が可愛いです。なんだか目つきちょっと爬虫類っぽい気がするのは気のせいでしょうか(笑)。

作中には時々爬虫類に関する豆知識も登場しますし、作者の爬虫類愛が伝わってきて読んでいて楽しくなれる作品です。つい先日コミックスの第1巻が発売になったので、興味のある方は一度手にとって見てはどうでしょうか。

爬虫類をテーマにしたマンガ「マドンナはガラスケースの中」を紹介しました。個人的にはこの漫画がすごく人気が出て、世の中にもっと爬虫類の良さが理解されるようになったらいいなー、なんて思ったりしています。爬虫類好き・マンガ好きなら、とりあえず読んでみて損はないんじゃないでしょうか!?

Yes No