「 爬虫類飼育 」一覧

このページはジャンル「爬虫類飼育」に属する記事の一覧ページです。

カメの水カビ病のすべて!原因・症状とイソジンでの治療法

カメの水カビ病のすべて!原因・症状とイソジンでの治療法

亀の病気 約8分

亀の病気の中でも発症しやすい水カビ病の概要・原因・症状・治療法などを画像・写真を交えて紹介します。水カビ病は皮膚だけでなく甲羅にも発生しますがどちらもイソジンきず薬を薄めて塗る治療法が効果的です。日光浴も効果があります。

カメ水槽に餌用メダカ&ヤマトヌマエビ導入!混泳は成立するか?

カメ水槽に餌用メダカ&ヤマトヌマエビ導入!混泳は成立するか?

エサ・栄養補助サプリメント, 給餌・栄養管理方法 約4分

亀を飼育していると一度は魚やエビと混泳させてみたいと思いますよね。しかし食べられるリスクも高くあまり試す人はいません。生餌も兼ねて実験的にニホンイシガメ水槽にメダカとヤマトヌマエビを導入してみた混泳実験の結果を報告します。

Twitterやってて良かった!亀の甲羅の白化の原因が解明!

Twitterやってて良かった!亀の甲羅の白化の原因が解明!

亀の病気 , 約5分

イシガメの甲羅白化の原因が「水カビ病」ではないかという指摘を貰いました。水カビ病は皮膚だけでなく甲羅にも発症する病気であるなど、原因・症状について調べた結果をまとめます。Twitterでも甲羅が白化している亀を見かけるので、気になる飼い主は確認してみましょう。

ホットスポットの温度は大丈夫?冬に向け保温用レフ球を新調

ホットスポットの温度は大丈夫?冬に向け保温用レフ球を新調

ヒーター・保温ランプ, 温度管理 約2分

11月も半ばを過ぎ,最近はかなり寒くなってきましたね カメを飼っている方は今年の冬は冬眠ですか?それとも加温でしょうか? どちらにせよもうそれなりの準備はできてる頃だと思います ウチのイシガメはまだ2歳くらいで...

How to 水槽リセット?90cm水槽を例に効果・手順のまとめ

How to 水槽リセット?90cm水槽を例に効果・手順のまとめ

立ち上げ・リセット , , , , 約11分

アクアリウムで避けては通れない水槽のリセットについて、90cm水槽を例にリセットの理由・目的や構想の立て方、レイアウト解体や再構成の手順などを紹介します。流木と石組で美しい亀飼育のレイアウト水槽ができたと自負しています。

自作オーバーフロー濾過システム!濾過槽のセッティング

自作オーバーフロー濾過システム!濾過槽のセッティング

水質管理, 水槽用ろ過フィルター , , 約6分

オーバーフロー濾過システム自作のため、これまでに自作した濾過槽とウールボックスを設置する方法を紹介します。フタ、ポンプ、ヒーター、チャンバー(分水器)等を追加しオーバーフロー濾過システムが機能するようセッティングします。

カメの健康は紫外線から!新しい紫外線ライトを購入!

カメの健康は紫外線から!新しい紫外線ライトを購入!

照明・ライト 約3分

亀の飼育では紫外線の照射が重要な役割を果たします。屋内飼育では紫外線ライトを使用しますが、今回その紫外線ライトとしてポゴナクラブのビバリウムグロー パワーUVBを購入しました。その他に購入したアクアリウム用品の紹介も行います。

自作オーバーフロー濾過システム!引き出し式ウールボックス

自作オーバーフロー濾過システム!引き出し式ウールボックス

水槽用ろ過フィルター , 約10分

前回の濾過槽の自作に引き続き、ウールボックスの自作方法を解説します。ウールボックスは物理濾過によって水が汚れるのを防ぐオーバーフロー濾過システムでも重要なものです。メンテナンス性向上のため引き出しタイプを自作しました。

アクア・トトぎふ行ったよ!日本と世界の淡水生物画像まとめ

アクア・トトぎふ行ったよ!日本と世界の淡水生物画像まとめ

施設・イベント , 約3分

8月の終わりごろに北陸の方に旅行へ行きました 上手い海鮮食って東尋坊やら兼六園やらを観光して寿司も食って北陸を満喫してきました! その帰り道に,岐阜にある最新の淡水専門水族館「アクア・トトぎふ」に寄ってきました ...

カメの病気を治したい!カメに飲み薬を飲ませてあげる方法

カメの病気を治したい!カメに飲み薬を飲ませてあげる方法

亀の病気 約4分

亀の感染症などの病気を治療する際は投薬が必要です。投薬は主に飲み薬と注射による方法がありますが、ここでは飼い主が行うことの多い飲み薬を飲ませる方法について解説します。無理に飲ませる場合は怪我をさせないよう注意が必要です。

甲羅の白化、軟化、欠け…感染症が疑われるカメの闘病始まる

甲羅の白化、軟化、欠け…感染症が疑われるカメの闘病始まる

亀の病気 約5分

私の飼育しているニホンイシガメが病気になってしまいました。甲羅の様子がおかしく動物病院に連れて行ったところ、獣医師による診察のでは重度の呼吸器感染症と思われる、とのことでした。参考のため病気発見までの経緯をまとめます。

Yes No