「 甲殻類(甲殻亜門) 」一覧

この生物分類には、以下の下位分類ページが存在します。

熱帯魚・水草と酸素-エアーポンプのアクアリウムでの効果・使い方・おすすめ

熱帯魚・水草と酸素-エアーポンプのアクアリウムでの効果・使い方・おすすめ

, アクアリウム用品 約17分

アクアリウムでのエアレーションが熱帯魚・エビ・水草などに与える影響と、エアレーションに必要なエアーポンプ・ブロワーの特徴やおすすめ製品を紹介します。エアレーションにより溶存酸素量が増え生体にとって良い環境になりますが、エアーポンプの静音性には注意が必要です。

深海生物図鑑カレンダーをゲット!アクアリストなら2016年もコレ!

深海生物図鑑カレンダーをゲット!アクアリストなら2016年もコレ!

, 雑貨・グッズ 約12分

深海生物の美しく神秘的な姿を捉えた鮮明な写真が魅力的なカレンダー「深海生物図鑑」の2016年版をレビューします。私は今年に引き続き来年もこのカレンダーを使用します。掲載されている深海魚の種類やカレンダーの特徴を紹介します。

海にクワガタがいるって本当?深海のヴァンパイア・ウミクワガタ

海にクワガタがいるって本当?深海のヴァンパイア・ウミクワガタ

図鑑 約7分

海底に棲むクワガタムシに似たカッコいい生き物・ウミクワガタの生態等を紹介します。クワガタという名前ではありますが昆虫ではなく甲殻類でエビやカニ、特にダイオウグソクムシ等に近縁の生物です。魚の体液を吸う寄生虫でもあります。

生体導入!熱帯魚やエビの水合わせ&トリートメントの方法

生体導入!熱帯魚やエビの水合わせ&トリートメントの方法

, アクアリウムTips 約16分

熱帯魚やエビの水槽への導入を安全・慎重に行うための鍵になる「水合わせ」と「トリートメント」について解説します。水合わせは環境の変化で生体にダメージを与えないために、トリートメントは病気の蔓延を防ぐために、とても重要です。

ド迫力!ほぼ実寸大の「ダイオウグソクムシ」フィギュア登場

ド迫力!ほぼ実寸大の「ダイオウグソクムシ」フィギュア登場

雑貨・グッズ 約5分

リアルさがウリの生き物フィギュアシリーズ「ネイチャーテクニカラー」に、新たに巨大なダイオウグソクムシのフィギュアが登場しました。フィギュアの詳細情報に加え、ダイオウグソクムシの特徴や展示されている水族館なども紹介します。

ミナミヌマエビの特徴と飼い方-繁殖が容易なアクアリウムの人気者

ミナミヌマエビの特徴と飼い方-繁殖が容易なアクアリウムの人気者

図鑑 約10分

アクアリウムで飼育されるミナミヌマエビの分類・特徴・分布・飼育・繁殖・保全状況等を解説します。ミナミヌマエビは日本固有亜種ですが中国南部原産のシナヌマエビとよく混同されます。一生を淡水で過ごす陸封型のため繁殖が容易です。

死体か!?と思わず焦るミナミヌマエビのきれいな抜け殻

死体か!?と思わず焦るミナミヌマエビのきれいな抜け殻

ミナミヌマエビ 約3分

アクアリウム水槽のコケ取り生体としてミナミヌマエビやヤマトヌマエビを飼育することがあります。エビの脱皮は水質悪化だけが原因ではなく正常な成長の場合も多いです。脱皮殻は貴重なカルシウム源なので水槽から取り除く必要はありません。

[今日の一撮] まるでオンブバッタ!ヤマトヌマエビのおんぶ

[今日の一撮] まるでオンブバッタ!ヤマトヌマエビのおんぶ

飼育日記・記録 約1分

そういえば記事にするのを忘れていた気がしますが,ヤマトヌマエビ導入しました 今までエビはずっとミナミだけでしたが,ヤマトの導入でエビが2種類になりました それにしてもでかい! ミナミとヤマトを混泳させると,ヤマ...