「 条鰭綱(硬骨魚類の一部) 」一覧

このページは生物分類「条鰭綱(硬骨魚類の一部)」に属する記事の一覧ページです。

関連ページ一覧

生物分類「条鰭綱(硬骨魚類の一部)」には、上位分類ページ「熱帯魚・観賞魚」が存在します。また、この生物分類には、以下の下位分類ページが存在します。

生体知識・飼育方法

AquaTurtliumで飼育している、または飼育していた生体に関連する記事のまとめです。亀や日本産淡水魚に始まり、熱帯魚・エビやタニシなど幅広い生体に関する飼育方法の解説や観察記録、健康状態のチェック法、上手く撮れた写真などをまとめています。
ブラックモーリーの飼い方と繁殖!アクアリウムの藍藻対策におすすめ!

ブラックモーリーの飼い方と繁殖!アクアリウムの藍藻対策におすすめ!

図鑑 約12分

ブラックモーリーは卵胎生メダカの仲間で、モーリーのメラニズム(黒化)個体を固定した品種です。黒一色の美しい姿や、水槽に生える厄介なコケの一種「藍藻」を食べてくれるコケ取り生体としての役割から非常に人気が高い熱帯魚です。本来は汽水域に生息し、卵ではなく稚魚を産む特徴的な魚です。

丈夫で鮮やかな熱帯魚!ゴールデンハニードワーフグラミーの飼育と繁殖

丈夫で鮮やかな熱帯魚!ゴールデンハニードワーフグラミーの飼育と繁殖

図鑑 約11分

小型魚ながら迫力のあるゴールデンハニードワーフグラミー(GHDグラミー)を紹介します。GHDグラミーはアナバス類(キノボリウオ亜目)に属しアクアリウムで人気のベタとも近縁の熱帯魚です。酸欠に強く、黄色い体色が鮮やかなため、ボトルアクアリウムや水草水槽に適します。

サイアミーズ フライングフォックスの飼い方ー黒髭コケ対応の掃除屋

サイアミーズ フライングフォックスの飼い方ー黒髭コケ対応の掃除屋

図鑑 約12分

アクアリウムの美観を損ねるコケ・藻類を食べるコケ取り生体の一種「サイアミーズ・フライングフォックス」を紹介します。サイアミーズ・フライングフォックスは厄介な黒髭コケを食べる熱帯魚として有名ですが、幾つか問題も抱えた魚なので、導入前に特徴をよく知っておきましょう。

管理方法・メンテナンス

爬虫類飼育の方法やアクアリウム・テラリウムのメンテナンス、関連する技術・テクニックの記事をまとめます。日々のちょっとした面倒を解消する小ワザから飼育に必要不可欠な基本技術まで、様々なお役立ち情報が満載です。アクアリウムや爬虫類飼育を楽しむために、必要な技術をしっかり身につけましょう。
ミクロラスボラ・ハナビの冬-水温はどのくらいが良い?

ミクロラスボラ・ハナビの冬-水温はどのくらいが良い?

温度管理 約4分

ミクロラスボラ・ハナビの冬場の水温について、原産地であるミャンマーのインレー湖の環境等を紹介しながら考えます。また、ミクロラスボラ・ハナビの低水温耐性についても、ネット上の情報をまとめています。割と低温に強そうな魚です。

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

アクアリウム史上最悪の失敗…真夏の高水温の恐怖

温度管理 約3分

私が起こしてしまったアクアリウム史上最悪の失敗を戒めも込めて紹介します。夏場にミクロラスボラ・ハナビの高水温耐性を過信し適切に水槽を冷却しなかった結果、3匹のハナビを死なせてしまいました。経緯と今後の対処方針をまとめます。

施設・イベント

K-kiが訪れた施設や参加したイベントに関連する記事のまとめです。アクアリウムや亀・爬虫類に関するもの以外にも、旅行や他の趣味についての施設・イベントの記事もまとめています。写真が多めのできるだけ臨場感が伝わるような記事を書いています。
アートアクアリウムって何だ?これはアートだけどアクアリウムじゃない

アートアクアリウムって何だ?これはアートだけどアクアリウムじゃない

コラム, 施設・イベント 約12分

アートアクアリウムは、2007年に開催された「スカイアクアリウム」に端を発するイベントで、金魚などの観賞魚をライトアップした巨大な金魚鉢等に入れ、アートとして展示しています。人気のアートアクアリウムがどんなイベントで、どんな問題を抱えているのか、その正体に迫ります。

ニュース

アクアリウム・両生類爬虫類・その他水棲生物などに関連するニュース記事のまとめです。国内外のニュースサイトやTwitter・FacebookなどのSNSで話題となっているニュースにK-ki独自の解説を付け加えて紹介しています。
グッピーの色覚遺伝子の秘密を解明!”水の綺麗さ”が強く影響

グッピーの色覚遺伝子の秘密を解明!”水の綺麗さ”が強く影響

国内ニュース 約3分

少し古いニュースですが面白そうなものを見つけたので記事にしてみます。アクアリウムの世界には「グッピーに始まりグッピーに終わる」という格言があります。綺麗で飼育も繁殖も容易なグッピーは初心者に好まれますが、品種改...

飼育日記・記録

写真撮影で気付く亀水槽タンクメイトの生き残るための知恵

写真撮影で気付く亀水槽タンクメイトの生き残るための知恵

, , 飼育日記・記録 , , 約3分

ニホンイシガメ・カゼトゲタナゴ・シマドジョウを混泳させている90cm水槽で、3種の生体を同時に写真撮影しようとしましたが上手くいきません。亀水槽で生き残った魚には、亀から身を守る術が染み付いているようです。撮影中に気付いた魚達の行動パターンを紹介します。

20cmキューブ水槽リセットから6週間 水草と生体の変化を観察

20cmキューブ水槽リセットから6週間 水草と生体の変化を観察

, 飼育日記・記録 約3分

20cmキューブ水槽をリセットしてから6週間が経過し、水槽内の水草や熱帯魚の様子にも少しずつ変化が現れてきました。今回はリセット後の水槽の様子を水草や生態別に観察してみます。果たしてどんな変化を見せてくれるのでしょうか?

雑記・コラム

K-kiの身の回りに起こった出来事や近況報告をまとめた雑記と、亀・爬虫類やアクアリウムについての意見・評論・豆知識・役立ち情報などをまとめたコラムに関連する記事のまとめです。AquaTurtliumの運営者・K-kiとの距離が縮まる記事たちです。
メダカは上見が綺麗…アクアリウムで見落としがちな和の視点

メダカは上見が綺麗…アクアリウムで見落としがちな和の視点

コラム 約3分

メダカの写真を見て気づいたアクアリウムと金魚など日本に古来から伝わる観賞魚飼育の違いについて紹介します。西洋由来のアクアリウムがガラス越しの横見を前提とするのに対し、中国発祥の金魚は水面越しに上から観る上見が基本です。両者を上手く活用して水景を作りたいですね。

Yes No