90cm水槽再立ち上げ!流木と風山石で引越し後の新レイアウト

90cmカメ水槽を再立ち上げ(半リセット)

私が4月に引越しをしてからはやくも2ヶ月が経ちます。なんだか最近月日が立つのがとても早く感じるK-ki(K-ki@AquaTurtlium)です。うーん、何だか年寄り臭いセリフですね(笑)。

スポンサーリンク

引越しをして以来、アクアリウムの難関の一つである水槽の引越し方法を紹介したり、引越し後の新しいレイアウトで使用する流木のアク抜き方法をまとめたり、同じく新レイアウトで使うアクアリウムのレイアウト用の石を酸処理する方法を解説したりしてきました。いよいよ今日は、引越し後の水槽の再立ち上げの様子と、新居での90cm水槽のレイアウトを紹介します!

水槽の再立ち上げ(リセット)手順

まずは水槽の再立ち上げです。運び込んだ90cm水槽を水槽台に設置します。

90cm水槽を水槽台に設置

砂利が少し残ってるのは、引越しの時に砂利を全部抜くのが途中で面倒臭くなったからですね。どうせもう一度砂利を敷くので問題ありません。

私の90cm水槽はダブルサイフォン式オーバーフロー+底面吹き上げというなかなか変わったシステムとなっています。ここら辺のことはまた別記事で詳しく紹介できたらと思っています。とりあえず底面吹き上げをするためにコトブキのボトムインフィルターを敷き詰め、網戸の交換網でくるみます。

90cm水槽に底面吹き上げ用コトブキ ボトムインフィルター(底面フィルター)を設置

こうすることで底面フィルターの中に砂利が入り込んで水流が弱まったりすることを防げます。ウールなどを巻く方もいますが、目詰まりのしにくさ、薄さ、水質に与える影響などから網戸用の網が最適だと思います。

(ボトムインフィルターは既に廃盤のため、このページを参考に水槽を立ち上げるなら、後継のボトムボックスの使用をおすすめします。)

このときに濾過槽からポンプを介した配管を底面フィルターに接続しておきます。

そして底面フィルターの上に大磯をバーッとぶちまけます。今回は細目約20kg、中目約5kgを投入してます。

90cm水槽の底面フィルターの上に大磯砂を敷く

亀を飼うときに特に気になる点として、亀が動き回ることによって底床が動かされて下のフィルターやガラス面が見えてしまうということがあります。それが気になる場合は、カメが良く動き回るところ(主にガラス面のキワ)には大きめの粒の底床を敷くのが良いでしょう。私の場合は、前面ガラス面沿いには大磯中目を敷いています。

そんなこんなで底床のセットは完了し、あとは左側のダブルサイフォンの配管と水槽内のレイアウトのみです。ダブルサイフォンについてはまたの機会に別記事で紹介しようと思います。つまりあとはレイアウトの紹介だけなんですが、レイアウト中はちょっと夢中になってしまって途中経過の写真がありません(笑)。

水槽のリセット後の様子

…ということでいきなり完成画像ですが、こんな感じになりました。やっぱり底床とか石とか流木とか、全体的にまとまりがない感じがしますが、それは今後少しずつ修正していこうかなーと思っています。

正面

90cmニホンイシガメのレイアウト水槽

凹型水景を少し意識しています。

アップ

90cmニホンイシガメのレイアウト水槽 アップ

とりあえず急いで立ち上げたので右側の流木にはモスを巻きつけたりしていません。枝流木が何本も突き出ている感じを目指しました。

斜め上から

90cmニホンイシガメのレイアウト水槽 斜め上から

立ち上げ直後で半分くらい新水なんでキレイです。いつもは流木のアクでもう少し水が茶色っぽいです。

ちなみに引越し前のレイアウトはこんな感じでした。

水槽内は広々としてカメは動きやすいと思うんですが、向かって右側がかなり殺風景だし流木もいいポジションに固定できず転がってしまってます。今回はそれを解消するために、流木や風山石を導入した形です。

Ads by LiveBurst

リセット2ヶ月後の様子

そして、再立ち上げからおよそ2ヶ月が経った現在の様子がこちらです。水がちょっと茶色くなっていますが、これは流木からアクが出たためです。特に水が汚れているというわけではありません。

正面

右側にミクロソリウム・プテロプスとウィローモス、プレミアムモス少量を巻きつけました。

斜め上から

亀の動きやすさ、陸上の広さ、流木をしっかり固定するため等の理由で、少し流木や石の配置を変更しています。レイアウト的には前の方が良かった…?

逆側

モスやミクロソリウム以外に、スクリューバリスネリアも部分的に植えています。ちゃんと育ってくれるかはまだ未知数ですが…。陸上部分にはピグミーアコルスも活着しています。

90cm水槽の新しい水景、いかがだったでしょうか? こうした方がいいんじゃない?などというアイディアがありましたら、コメントしてみてくださいね。アドバイスお待ちしています。

Yes No