30年以上前に行方不明になった亀が鍵のかかった物置から生還

Red-footed Tortoise アカアシガメ
Chelonoidis carbonaria / Dick Culbert

爬虫類の生命力は強いとはよく言われることですが、今回は規格外の生命力を持った亀が見つかりました。30年以上物置に入れられていて生きてるって…。もはや生命の限界を超えてませんか!?

スポンサーリンク
"Family discover missing pet tortoise in locked store room THIRTY YEARS after she vanished… and she's still alive"
抜粋

A family found their missing pet tortoise in a store room more than 30 years after they lost her, it was reported today.

Manuela disappeared from her home in Rio de Janeiro, Brazil, in 1982 and despite a lengthy search was never seen again.

Her owners, the Almeida family, assumed she had run away after builders working on the house left the front door open.

It was only after their father Leonel died earlier this month that the Almeida children began clearing out a second-floor room which he had filled with broken electrical items and always kept locked.

Leonel's son, Leandro, said he was astonished to find Manuela alive inside a box containing an old record player.

<-中略->

Rio de Janeiro vet Jeferson Pires explained that Manuela's red-footed species of tortoise, can go for long periods without eating.

He said: 'They are particularly resilient and can survive for two to three years without food. In the wild they eat fruit, leaves, dead animals, even faeces.'

He said Manuela may have survived by eating termites from the wooden floors.

記事内容翻訳

30年以上前に失踪したペットのカメが、物置から見つかったという報告がありました。

Manuelaは1982年にブラジルのリオデジャネイロにある飼い主の元から姿を消し、長きに亘る捜索にもかかわらず2度と見つかることはありませんでした。

彼女の飼い主であるAlmeida家の人々は、建設業者が来たときに玄関の扉を開け放したままにしてしまったので、逃げ出してしまったのだと思っていました。

父 Leonel氏が今月初めに亡くなり、Almeida家の子供たちは壊れた電化製品で埋め尽くされいつも鍵がかけられている2階の部屋を掃除し始めました。

息子 Leandroは古いレコードプレーヤーをしまっていた箱の中からManuelaが生きて見つかったことにとてもびっくりしたといいます。

<-中略->

リオデジャネイロの獣医 Jeferson Piresはこう説明しています。

「Manuelaのようなアカアシガメは長期間何も食べなくても生きていくことができます。彼らは特に辛抱強くて、食べ物がなくても2~3年生きられるんです。野生下では果物や葉っぱ、動物の死骸や糞さえも食べるようですよ。Manuelaは家屋の木材に発生したシロアリを食べて生き延びたのかもしれないですね。」

これはすごいですね。30年以上ろくに餌もないであろう状況下で暮らしていけるというのは、代謝が低い爬虫類とは言ってもかなり稀なことなんじゃないでしょうか。シロアリを食べていたかもしれないとなっていますが、果たしてどれくらいのシロアリがいたんでしょう。それに水分の摂取もままならないと思うのですが…。ブラジルの住環境はちょっと想像がつかないので何とも言い難いところです。

今回の事件の被害者?となったのはアカアシガメだそうですが、私はそこまでカメの種類に詳しいわけではないので、あまり聞いたことのない種類でした。少し調べてみたところ、最大甲長50cm程度のリクガメの一種のようです。

リクガメというとかなりバスキングも必要なんじゃないかと思うのですが大丈夫だったのかな?乾燥系のリクガメではないようなので、めちゃくちゃ必要というわけではないのでしょうが、それでもなあ…という思いはあります。

元記事の画像を見てもらうと分かりますが、鼻先が赤くなっていたりしておもしろい亀ですね。販売しているサイトの画像とかをみると足も赤かったりと更に綺麗で魅力的な種類だなと思います。ペットのリクガメとして日本でも人気のある種類のようで、以下の記事でもアカアシガメを紹介しています。興味のある方は読んでみて下さいね。

ペットに人気の水棲亀・リクガメの種類20選&飼育できない亀
ペットとして飼われる爬虫類の代表格「亀」の中で、人気の高い種類を水棲亀(ミズガメ)・陸棲亀(リクガメ)まとめて20種類紹介します。各種の生息地・値段・飼い易さなどをまとめます。飼育が難しい・禁止されている亀も紹介します。

何はともあれ、せっかく30年越しの再会がかなったのですから、今度は不憫な思いをしないように管理してあげて欲しいなと思います。

それにしても30年掃除しない物置ってのもちょっとどうなんだ…と思わずにはいられません(笑)。