亀の歩き方がおかしくなった…足が麻痺している?原因を考察

後脚の動き・歩き方がおかしくなってしまったニホンイシガメ

2週間ほど前に水槽を眺めていると,あることに気付きました
ウチのイシガメ,マル君の動きがおかしい…

いつもなら4本すべての足を使って水槽内を忙しく動き回っているのですが,このときは何故か前足2本に頼っていて歩き方がおかしいです
後ろ足が突っ張れなくてひっくり返りそうになったりもしています
これは明らかに何か異常を抱えています
朝はそんな感じじゃなかったのに…

とにかく隔離して,今後の治療方針を考えます

スポンサーリンク

歩き方がおかしくなった原因を考える

とりあえず原因を考えなくては対処のしようがありません
ネットでいろいろ調べた結果以下の候補が浮かび上がってきました

  • 怪我
  • 腸炎
  • 腎不全・内臓の炎症
  • ビタミンA欠乏症・クル病
  • カルシウム欠乏・神経麻痺
  • 卵詰まり

それぞれの原因について考えてみます

怪我

原因

水槽レイアウトや高所からの落下,他のカメ・動物に攻撃される,重いものに挟まるなど

症状

怪我をした部分の動きがおかしくなる,元気がなくなる,食欲がなくなる

判定

怪我である可能性は高いと思っています
朝は気にならなかったのに夜になって急に気づいたので,怪我のように急に症状がでるものである方が合点がいきます
ただ,後ろ足の片方だけではなく両方をかばって歩いているように見えるのが腑に落ちません

腸炎

原因

古くなった餌を食べるなどして細菌に感染する

症状

腸に近い部分(後ろ足)などが麻痺したようになる
下痢などの症状がみられることもある

判定

実は歩き方がおかしくなったのは,開封後2年くらい経っていたナマズの餌“クレスト キャット”の賞味期限がそろそろヤバいかなーと思い,カメにたくさん食べさせた直後でした
もしかしたらこのキャットが古すぎて腸炎を引き起こしてしまった可能性もあると思っています

腎不全・内臓の炎症

原因

腎不全は主に十分に水を補給できていない場合に発症します

症状

腎臓に近い部分(後ろ足)などが麻痺したようになる

判定

症状は該当しますが,水棲カメで魚も生きていけるような濾過の効いた水質での飼育だったので,水を飲めていないという可能性は低いと思われます
なので,腎不全という線は薄いと考えています
他の内臓の炎症というのはあり得ないことではないと思いますが,特定が難しそうですしあまり深くは考えないようにします

ビタミンA欠乏症・クル病

原因

ビタミンA不足,またはビタミンD3・カルシウム・紫外線の不足
飼育下のカメはビタミンAの欠乏になりやすいそうです

症状

ビタミンA欠乏症の場合は,眼が腫れる,飛び出したようになる,鼻水を出す
クル病であれば,甲羅が柔らかくなったり骨や甲羅が変形する,足が動かなくなり引きずったりする

判定

ウチの以前の飼育環境は紫外線が不足していたので,これらの病気の可能性もあると思います
ただしここ一ヵ月半ほどは毎日ベランダで日光浴させていたのでクル病の線は少し薄目にかんがえています
鼻水を出すという症状もウチのカメには出ていて,治ったりまた戻ったりを繰り返しており呼吸器感染症だと思っていますが,その根本的な原因がビタミンA不足であることもあるそうなので,これは原因として十分に考慮すべき病気だと考えます

カルシウム欠乏・神経麻痺

原因

カルシウム不足から神経麻痺に発展する

症状

後ろ足などが痙攣・麻痺する

判定

症状は該当しますが,ウチのカメはずっと配合飼料で飼育してきたのでカルシウム不足にはならないのではないかなと思っています
神経にまで損傷が来ていると治癒の見込みが薄くなってくるようで,恐ろしいです

卵詰まり

原因

ストレスや紫外線不足,骨盤や甲羅の形成不全など多岐にわたる

症状

骨盤内にタマゴが詰まることによって後脚麻痺がおこる場合があります
他にも食欲不振(拒食),こん睡状態に陥る,極度に興奮してケージ内を走り回る,呼吸困難などの症状がみられることがあります

判定

ウチのマル君はオスなので卵詰まりの可能性はありませんね…

今後の対処方針

ここまでで調べた内容から,今回の歩き方がおかしくなった原因を以下の3つに絞ることにしました

  • 怪我
  • 腸炎
  • ビタミンA欠乏症

これらに対する治療法を考えます

まず怪我だった場合,安静にしておき,栄養を取らせて自然回復に任せるのがよいようです
腸炎の場合はしばらく絶食させたのち水分をしっかり取らせる
ビタミンA欠乏症であればビタミン剤によるビタミンAの経口摂取と2次感染防止目的の抗生物質の投与

また,歩き方がおかしくなったのと同時に,かなり鼻水を出すようになりました
体調を崩したことで呼吸器感染症がぶり返してきたのかもしれません
これに対する対処としても抗生物質の投与が必要だと思います

以上から,隔離して安静にさせながらしばらく絶食させつつビタミン剤と抗生物質(メトロニダゾール)を投与という方針で治療していくことにしました
治療の様子などは追って報告していきます

スポンサーリンク
Yes No